北九州市門司区の気功整体!小倉総合カイロプラクティック院

腰痛・肩こり・頭痛・首痛・自律神経失調

顎関節症(TMJ): 顎の痛み

 

あなたは口の開け閉めで顎関節から変な音がしたり、物を食べる時に

口を開けにくい、痛みがでるなどの不快症状がありませんか? 

 

口を開け閉めした時に顎がぶれる方は顎関節に歪みがあります。

顎関節症の原因は色々ありますが・・・

毎日のストレスや寝ている時の歯軋り、食事時の片噛みの癖など

何気ない生活習慣が影響しています。

そして身体(骨格)の歪みも顎関節に大きく影響しています。

 

顎関節症は顎だけでなく、頭蓋骨・頚椎・胸椎・骨盤の歪みが原因でも

発症して、長い年月アゴの異常を放置していると顎関節(関節円板)に

変形が起こり、一定ラインを超えると軟骨の変形が加速度的に進行していき

治りにくくなるので注意して下さい。

 

通常の「気功整体コース」でも顎関節は調整できますが・・・

症状の重い方はオプションの頭蓋骨調整(頭の調整)を一緒にされることを

お勧めします。

顎関節に影響する前面の顔面骨も調整します。 

顎関節症 4つのタイプ

 

1.筋肉の障害

  顎の筋肉が骨格の歪みや何らかの原因で過緊張を起こして発症します。

  筋肉が緊張で硬くなると血管が収縮して痛みを生じます。

  また筋肉がさらに硬くなると痛みだけでなく開口障害も起こります。

 

2.関節包・靭帯の障害

  関節円板の後部組織や関節包、靭帯などに無理な力が加わり損傷します。

  関節包や滑膜などに炎症を起こし顎を動かすと痛みます。

  簡単に言うと顎関節の捻挫のような状態です。

 

3.関節円板の障害

  関節円板の後部組織が引き伸ばされ、本来の位置から前方にズレてしまった

  状態です。

  口を開く時に前方にズレた関節円板が下顎頭に乗る時に音がでます(クリック音)

  又ずれた関節円板との引っ掛かりが強くなると開口障害がでます(クローズド・ロック)

 

4.変形性関節症

  顎関節に長い年月、強い負荷が繰り返し加えられると顎関節に変形が起こり

  口の開閉のたびに「ゴリゴリ」や「ジャリジャリ」と音がするようになります。

  そして滑膜などの周辺組織に炎症を伴うと顎関節に痛みを生じます。

 

顎関節:関節円板
顎関節:関節円板

 

顎関節障害は複数の障害タイプ(1~4)にまたがっている場合が多いです。

1の筋肉障害タイプは3~5回程度の短期間調整で改善しますが・・・

3の関節円板障害や4の変形性関節症タイプは最低でも10回前後の調整

が必要です。

 

また顎を動かさなくても顎関節が痛い人は難しい重症タイプの方で・・・

患部組織に炎症が起きていて、1回の調整では顎の痛みが変わらない場合も

多いですが、繰り返し調整すると必ず改善していくので諦めずに施術を続けて

受けて下さい。

 

顎関節に影響する筋肉

 

●咀嚼筋(外側翼突筋・内側翼突筋・側頭筋・咬筋)

●顎二腹筋、頬筋、オトガイ筋、舌骨下筋など

 

 

顎関節症・顎関節の痛み・顎の歪み・肩こり・頭痛なら

福岡県北九州市門司区の 気功整体院 ラ サンテ(門司院)

完全予約制 TEL 090-8221-8082(自宅 371-3707)

前日迄の予約で日曜祝日も施術できます!時間外はご相談下さい

 

福岡県北九州市門司区・小倉・八幡・若松・戸畑・山口県下関市から来院

腰痛・肩こり・頭痛・自律神経・産後の骨盤矯正・頭蓋骨調整・内臓調整

美容整体(猫背・小顔・O脚矯正・耳ツボ痩身)光線療法なら気功整体院

 

 

ホームページ2  http://kokurakikou.lolipop.jp/

 

 

La Sante ブログ   http://kokurakairo.com/